燦然たる空

ぐだぐだな管理人の不定期日記  ニコ動にあげてます

09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

このページの記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 

えんぴつ 

えんぴつで文字を書くときの感覚って、なんとなく良いなぁと思う今日この頃。
なんか味が出る感じがいいですね。
そこがシャーペンにできないいいところだと思います。
あとでんぴつ独特のにおいが懐かしい。
というわけで、勉強でえんぴつ使用中。

トラックバックテーマに「初めてやったゲームって何?」とありました。
私がやったのは多分ファミコンの野球ゲームじゃなかろうか。
ファミコン本体・ソフトともに今はないのでわかりませんけどね。
どっかからのもらい物で、それでも楽しんでた記憶が。
スーファミだとマリカーだったはず。
あの頃は150ccがクリアできなかったような。
今でも多分クリアできませんけどね!
100ccと150ccのCOMの強さがダンチすぎる・・・。

水滸伝
14巻読破。
どんどん死んでいく。
でもそれが雄雄しくてカッコいい。
個人的に楊志(ようし)の次に、朱仝(しゅどう)がかっこよかった。
まぁまだどれだけ雄雄しく死ぬやつが出てくるかわからないんですけどね。
ホント北方謙三氏は凄いなと思います。
梁山泊(りょうざんぱく)だけで108人は出てくるのに、
それに敵対する青蓮寺(せいれんじ)も皆書き分けてるっていう。
あと宋の禁軍の将軍も。
そしてどの人物も自然消滅しないっていうからまた凄い。
早く続編の「楊令伝」の文庫本でないかなぁ。
あと5巻で水滸伝が終わってしまうっ。
まぁ出るまでの間を埋めるために、
他の作品にも手を出してみるのもいいかもしれないですね。
個人的には「血涙」の文庫本はマダー?って感じです。
北方水滸伝を漫画化してくれる猛者はいないものか・・・。
書く側は長編すぎてかなりつらいけど、読者側は間違いなく楽しめると思うんですけどね。
日常 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazetosara.blog81.fc2.com/tb.php/254-7a7abad4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。